第50回 技能五輪全国大会が閉幕

~日本一の青年技能者が決まる~


 次世代のものづくりを担う青年技能者が「技」の日本一を競い合う「第50回技能五輪全国大会」(主催:厚生労働省、長野県、松本市、諏訪市及び中央職業能力開発協会)は、長野県松本市及び諏訪市内の13会場で平成24年10月26日(金)から開催され(※)、本日29日(月)に閉幕しました。この大会には、全国から1,097人の選手が参加し、盛況のうちに全40職種の競技を終えました。
 キッセイ文化ホールで行われた閉会式では、各職種の優勝者に厚生労働大臣賞(盾)、入賞者に主催者賞(メダル)が授与されました。また、都道府県選手団の中から最優秀選手団として愛知県選手団に厚生労働大臣賞(盾)が、優秀選手団として長野県、茨城県及び神奈川県選手団に厚生労働省職業能力開発局長賞(盾)が授与されました。
24年ぶりに復活した「時計修理部門」の金メダルに見事輝いのは、西中卓也さん(セイコーエプソン(株))

Video streaming by Ustream